只見線

ゆったりと流れる只見川のように初秋の贅沢な時間に浸る。

世界で最もロマンチックな鉄道といわれる「只見線」には
絶景スポットや秘境駅などが待っています。

会津:三島町

早戸温泉つるの湯

はやとおんせんつるのゆ

開湯1200年の歴史があり、白鶴が湯につかり傷を癒したという伝説を持つことから、古くから湯治場として親しまれてきました。源泉かけ流しの天然薬湯は熱めのお湯で、体を芯から温めてくれます。
露天風呂からは只見川を間近に臨み、ゆっくりと流れる時の中で、ついつい長湯してしまいます。

サイト

早戸温泉つるの湯
https://www.okuaizu-tsurunoyu.jp/access/

MAP情報を見る
住所
三島町大字早戸字湯ノ平888
電話番号
0241-52-3324
メールアドレス
info@okuaizu-tsurunoyu.jp
問い合わせ先
早戸温泉つるの湯
営業時間
・日帰り入浴 10:00~20:00
・湯治棟 チェックイン  15:00
チェックアウト 10:00
アクセス
JR只見線早戸駅から徒歩で約10分 ※送迎有(要事前連絡)
磐越自動車道会津坂下ICから約30分
駐車場
あり(約30台)
料金
・日帰り入浴 大人600円(3時間)、小人400円(3時間)
・湯治棟(1泊) 4,990円~【税込】
会津:柳津町

赤べこ絵付け体験

あかべこえつけたいけん

会津の郷土玩具であり、縁起物としても知られる赤べこ。
赤べこ伝説発祥の地で自由に絵付けをして、世界にひとつしかない自分だけのオリジナル赤べこを作ってみてはいかがでしょうか。

MAP情報を見る
住所
柳津町大字柳津下平乙151-1
電話番号
0241-41-1077
問い合わせ先
憩いの館ほっとinやないづ
営業時間
※現在は9:00~17:00(新型コロナウィルスの為)
9:00~18:00(12月~3月は17:00まで)
定休日
第2・4木曜日
アクセス
JR只見線会津柳津駅から徒歩で約20分
磐越自動車道会津坂下ICから約10分
駐車場
あり
料金
1体 1500円
会津:三島町

三島町生活工芸館

みしままちせいかつこうげいかん

三島町生活工芸館では、ヤマブドウの皮、マタタビ、ヒロロなどの素材で編んだ国指定伝統的工芸品である奥会津編み組細工を常時展示販売しているほか、工芸品づくり体験も行っており、ストラップやコースターなど、1~2時間程度で体験ができます。
また、毎年6月の第二土曜日・日曜日には「ふるさと会津工人まつり」が開催され、2万人以上の来場者がある三島町最大のイベントとなっています。

サイト

三島町生活工芸館ホームページ
http://www.okuaizu-amikumi.jp/

MAP情報を見る
住所
三島町大字名入字諏訪ノ上395
電話番号
0241-48-5502
メールアドレス
kougeikan@town.mishima.fukushima.jp
問い合わせ先
三島町生活工芸館
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
アクセス
JR只見線会津西方駅から徒歩で約15分
磐越自動車道会津坂下ICから約25分
駐車場
あり
料金
編み組細工体験(各1,000円)
・ヤマブドウストラップ
・ヒロロコースター
南会津:只見町

三石神社

みついしじんじゃ

一の岩、二の岩、三の岩があり、本殿である三の岩にあいた穴に親指と小指でこよりを通して結ぶと良縁が結ばれるとされている。

サイト

只見町インフォメーションセンター 公式サイト
https://www.tadami-net.com/

MAP情報を見る
住所
只見町只見後山
電話番号
0241-82-5250
問い合わせ先
只見町インフォメーションセンター
営業時間
9:00~17:00
アクセス
JR只見線只見駅から徒歩で約10分
駐車場
只見町前広場に大型バス3台、普通車20台
南会津:只見町

河井継之助記念館

かわいつぐのすけきねんかん

幕末の波乱を生きた長岡藩家老の河井継之助は只見町塩沢で亡くなりました。記念館では継之助が亡くなった部屋を館内に移築し、長岡から会津への戦況図などの歴史資料を展示しています。

サイト

会津ただみ振興公社ホームページ
http://tadamikousya.sakura.ne.jp/kawai/info_access/

MAP情報を見る
住所
只見町塩沢上ノ台850-5
電話番号
0241-82-2870
問い合わせ先
河井継之助記念館
営業時間
10:00~16:00
定休日
毎週木曜日
アクセス
JR只見線只見駅から車で約15分
駐車場
施設の道路向かいに駐車場有(15台)
料金
入館料:大人350円、小人200円
会津:柳津町

霊まつり流灯花火大会

みたままつりりゅうとうはなびたいかい

霊を供養するために稚児行列による流灯が行われます。
夜になると只見川河畔に約4500発の盛大な花火が音楽に合わせて打ち上げられる姿は圧巻です。
山に囲まれた柳津町は音の響きがよく、インパクトある花火が楽しめます。

サイト

赤べこ伝説発祥の地柳津町ホームページ
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/

MAP情報を見る
住所
柳津町大字柳津寺家町甲176-3
電話番号
0241-42-2364
メールアドレス
yanaizu@saturn.plala.or.jp
問い合わせ先
柳津観光協会
営業時間
開催時間 19:30~
アクセス
JR只見線会津柳津駅から徒歩で約20分
磐越自動車道会津坂下ICから約10分
駐車場
あり
料金
無し
会津:三島町

第一只見川橋梁ビューポイント

だいいちただみがわきょうりょうびゅーぽいんと

JR只見線は、福島県の会津若松から新潟県の小出まで、約135kmを結び、景観の美しさから全国にその名を知られるローカル路線です。季節によって違う山間部の風景と、人工物の橋梁のコラボレーションが魅力で、特に、「第一只見川橋梁」が有名です。
道の駅尾瀬街道みしま宿すぐ横にある遊歩道を15分ほど登ると、ビューポイントにたどり着きます。ビューポイントからは第一只見川橋梁を見下ろすことができ、夏は只見川から立ち上る川霧、秋は紅葉に囲まれ、冬は一面の雪景色に包まれる第一只見川橋梁を見ることができます。
近年では台湾やタイをはじめとする外国人旅行者にも人気のスポットです。

MAP情報を見る
住所
三島町大字川井字天屋原
電話番号
0241-48-5000
メールアドレス
mishima@oboe.ocn.ne.jp
問い合わせ先
三島町観光協会
営業時間
通年
定休日
なし
アクセス
JR只見線会津宮下駅から徒歩で約40分
磐越自動車道会津坂下ICから約20分
駐車場
あり(道の駅尾瀬街道みしま宿)
会津:金山町

奥会津ビューポイントかねやまふれあい広場

おくあいづびゅーぽいんと かねやまふれあいひろば

晩春から秋までの雨の日や雨上がりに発生する川霧に沈む大志集落、雪景色を走るJR只見線など四季ごとに様々な表情を見せる絶景のポイントです。

MAP情報を見る
住所
金山町大字大志地内
電話番号
0241-54-2855
問い合わせ先
金山町観光情報センター
定休日
年中無休
アクセス
JR只見線会津川口駅から徒歩で約7分
磐越自動車道会津坂下ICから約40分
駐車場
5台
料金
無料
会津:金山町

霧幻峡の渡し

むげんきょうのわたし

霧幻峡は金山町と三島町の町境にある渓谷が、夏の朝・夕に漂う川霧に包まれ、あまりにも幻想的な景色になることからその名前がつけられました。川霧が佇む只見川を和船に乗りながら眺める景色は絶景です。

サイト

霧幻峡の渡し 公式予約サイト
https://www.mugenkyo.info/

MAP情報を見る
住所
三島町大字早戸19
電話番号
0241-42-7211
問い合わせ先
金山町観光物産協会
営業時間
4月中旬~11月中旬
7:00~日没まで
定休日
事前予約制
※上記お問い合わせ先又は公式サイトより受け付けております。
※ご利用予定日の5日前までにご予約ください。
※当日の気象条件や河川の状況によっては運休となりますのでご了承ください。
アクセス
JR只見線早戸駅から徒歩で約2分
JR只見線早戸駅そばの船着き場が発着場になります。
磐越自動車道会津坂下ICから約35分
駐車場
10台
料金
・船のみ(約45分)
基本料金6,000円(3名まで)
4名以上でご利用の場合は、以下の人数分の料金となります。
 大人  1,800円/1⼈
 中学生 1,000円/1⼈
 小学生  500円/1⼈
 未就学児 無料
ただし、合計金額が基本料金を下回る場合は、基本料金を頂戴いたします。

※マスク着用でご参加ください。
※ライフジャケットは無料で貸し出ししております。
南会津:只見町

只見四名山

ただみよんめいざん

只見には、要害山、蒲生岳、会津朝日岳、浅草岳の4つの登山道が整備された山があり、5月~6月に山開きが催されます。
会津のマッターホルンといわれる蒲生岳をはじめ、そこにはブナ林や雪食地形(せっしょくちけい)などが見られ、豪雪地帯只見を特徴づける景観をその山容に見ることができます。

サイト

只見町インフォメーションセンター 公式サイト
https://www.tadami-net.com/

電話番号
0241-82-5250
問い合わせ先
只見町インフォメーションセンター
営業時間
9:00~17:00
アクセス
・要害山:JR只見線只見駅。国道252号線の只見町役場前信号を入る。 ・蒲生岳:JR只見線会津蒲生駅。国道252号線の蒲生集会施設「雪の里」駐車場 ・会津朝日岳:国道289号線の萬歳橋から黒谷川沿いに約10km。白沢林道は中型・大型バス不可。「いわなの里」から登山口へは悪路 ・浅草岳:只見沢登山口は国道252号線を田子倉レイクビューから約5㎞。田子倉無料休憩所の手前に登山口に入る道があるが、大型バスは無料休憩所に停車。入叶津登山口は国道252号線から叶津川沿いに国道289号線を約4㎞。
駐車場
・要害山:只見駅前広場に大型バス3台、普通車20台 ・蒲生岳:大型バス2台、普通車43台 ・会津朝日岳:赤倉沢登山口に15台 ・浅草岳:只見沢登山口に普通車50台。田子倉無料休憩所に大型バス2台。入叶津登山口に大型バス1台、普通車8台