酒・食

会津の地酒と郷土料理を千円で堪能できるお得な企画。

美味しい米と水、極上の食材と伝統の食文化が融合した、
福島の酒と食をご堪能ください。

いわき:いわき市

常磐もの

じょうばんもの

「常磐もの」は、本来は昔の常陸国(現在の茨城県)と磐城国(福島県浜通り)の沿岸海域で獲れる魚介類を指すことばですが、その海域は寒流と暖流がぶつかる「潮目の海」と呼ばれ、魚のえさとなるプランクトンが多く発生する豊かな海で、「常磐もの」は栄養をたっぷりと吸収し、おいしい魚になります。
東京築地市場(現豊洲市場)水産関係者の間でも「常磐もの」は品質の良い魚として高く評価されています。
いわき市では、この「常磐もの」をキーワードに、いわきに水揚げされる魚介類、伝統と工夫から生まれる水産加工品、さらにはそれらに携わる水産関係者を含め、いわきの「常磐もの」としてブランド化しています。

サイト

常磐ものホームページ
http://joban-mono.jp/

電話番号
0246-22-7487
問い合わせ先
いわき市水産課
相双:浪江町

磐城寿

いわきことぶき

全建屋流失の困難を乗り越え、新天地で酒造りを再開した鈴木酒造店の代表銘柄「磐城壽」。その味は町民に変わらず愛され続けてきました。2021年3月20日にグランドオープンした「道の駅なみえ」の「なみえの技・なりわい館」に酒蔵を構え、浪江の米と水を使った酒造りが再開し、その工程を見学することができます。また、バー&ショップ「SakeKuraゆい」では、ワンコインで日本酒の飲み比べができるほか、日本酒を使用したソフトクリームや、お酒に合うランチや軽食も楽しめます。

サイト

株式会社鈴木酒造店ホームページ
http://www.iw-kotobuki.co.jp/

MAP情報を見る
住所
浪江町大字幾世橋字知命寺60
電話番号
0240-23-7121
問い合わせ先
道の駅なみえ なみえの技・なりわい館 「SakeKura ゆい」
営業時間
10:00~18:00
定休日
毎月最終水曜
アクセス
JR常磐線浪江駅から徒歩約10分
常磐自動車道浪江ICから約10分
駐車場
128台(普通車103台/大型車22台/障がい者・妊婦用3台)
会津:会津若松市

極上のはしご酒

ごくじょうのはしござけ

会津若松市内に宿泊された方限定で、「極上のはしご酒」参加の居酒屋、スナック、バーにて、会津の食材を使用した郷土料理などとお酒がセットになった各店のお得なメニューが1,000円で楽しめます。

【利用方法】
①「極上のはしご酒」のパンフレットを宿泊施設でゲット!②参加店でほろ酔いセットを注文して、スタンプをゲット!(ご注文の際には、「極上のはしご酒」のパンフレットをご提示ください)③スタンプを2個以上集めたら、もれなく「赤べこストラップ」をプレゼント!参加店等の詳細は、パンフレットをご確認ください。

【注意事項】
①ほろ酔いセットの内容や提供時間の変更、利用人数の制限等がある場合がございますので、あらかじめご了承ください。②1回のご来店につき、ほろ酔いセットは1回のみご注文いただけます。③店舗の混雑状況によっては、お席をご案内できないことがございます。④新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、一部営業形態を変更している店舗がございます。

サイト

会津若松観光ナビホームページ
https://www.aizukanko.com/gourmet/844

住所
会津若松市内
電話番号
0242-39-1251
問い合わせ先
会津若松市観光課
営業時間
各参加店舗による
定休日
各参加店舗による
アクセス
JR磐越西線会津若松駅ほか
料金
1店舗あたり1,000円
県中:郡山市

ふくしま逢瀬ワイナリー

ふくしまおうせわいなりー

「ふくしま逢瀬ワイナリー」は、果樹農業の6次産業化に向け、 2015年10月に完成しました。そこは、静かな山あいにある豊かな自然環境に恵まれた醸造施設。敷地内では ヤマザクラやブナをはじめ、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。
果物を作る農家の皆さんと一緒に、福島県の農業の新しい道を拓いていきます。「ふくしま逢瀬ワイナリー」の敷地は約9000m²、建物は鉄骨平屋建て約1400m²で、 1000ℓ用と2000ℓ用の醸造タンク26本(総容量40000ℓ)が並び、ブランデーなどを造るためにドイツ製の蒸留機を備えています。そして、来客エリアには試飲コーナーやセミナー室も設置。
ここに地元の人々が集い憩いの場となり、やがて日本中や世界中から人々が訪れてさまざまな交流の場として育ち、福島の新たな復興のシンボルとなっていくことを目指しています。

サイト

ふくしま逢瀬ワイナリーホームページ
https://ousewinery.jp/

MAP情報を見る
住所
郡山市逢瀬町多田野字郷士郷士2
電話番号
0120-32-0307(10:00~17:00)
メールアドレス
info@ousewinery.jp
問い合わせ先
ふくしま逢瀬ワイナリー
営業時間
10:00~16:00
定休日
月曜日(祝日を除く)
アクセス
JR東北新幹線郡山駅西口バスターミナル「11番乗り場 麓山経由休石行き」乗車「逢瀬ワイナリー前」下車
国道4号線~県道6号線を猪苗代湖方面へ車で約30分
東北自動車道郡山ICから県道47号・55号・6号線を猪苗代湖方面へ車で約20分
駐車場
普通車30台
大型バス3台
料金
要予約 無料(ホームページをご確認下さい。)
県北:福島市

吾妻山麓醸造所

あづまさんろくじょうぞうじょ

吾妻山麓に広がる約5,000株のブドウ畑とともに3年前に誕生したワイナリー。様々なタイプのワインやシードルの醸造・販売も始まり、福島ワインへの期待が高まっています。

サイト

吾妻山麓醸造所ホームページ
https://azumasanroku-winery.co.jp/

MAP情報を見る
住所
福島市桜本字梨子沢4番地の2
電話番号
024-563-5057
問い合わせ先
吾妻山麓醸造所
営業時間
10:00~16:00
定休日
木曜日
アクセス
JR東北新幹線福島駅から車で約30分
駐車場
あり
相双:川内村

かわうちワイナリー

かわうちわいなりー

2022年に初出荷を迎えた新しいワイナリー。ワイナリー脇の「高田島ヴィンヤード」のブドウも順調に成育しており、100%川内村産の「かわうちワイン」への期待が集まっています。

サイト

川内村ホームページ
http://www.kawauchimura.jp

MAP情報を見る
住所
川内村大字上川内字大平2-1
電話番号
0240-25-8868
メールアドレス
info@kawauchi-wine.jp
問い合わせ先
かわうちワイナリー
営業時間
8:30~17:15
定休日
土・日・祝日
アクセス
JR常磐線家岡駅から車で約40分
駐車場
有り
いわき:いわき市

いわきワイナリーガーデンテラス&ショップ

いわきわいなりーがーでんてらすあんどしょっぷ

いわきワイナリーガーデンテラス&ショップでは、四季折々のブドウ畑やあぶくま山系を眺めながら、まるで別世界にきたかのような、ゆったりとした時間の中で、くつろぎながらワインを楽しむことが出来ます。
特定非営利活動法人みどりの杜福祉会で、農作業を通してハンディキャップを背負った人達に安心して自立した生活を送って欲しい思いからワイン造りをスタートさせ、平成27年より「いわきワイナリー」として本格的にワインを製造・出荷してます。しっかりとした味わいのワインは愛好家からも高評価を頂いています。ワインの購入、試飲(有料)はもちろん、ワイナリーツアー(要予約)も可能です。

サイト

いわきワイナリーホームページ
https://iwakiwinery.com/

MAP情報を見る
住所
いわき市好間町中好間半貫沢34-72
電話番号
0246-36-0008
メールアドレス
info@iwakiwinery.com
問い合わせ先
いわきワイナリーガーデンテラス&ショップ
営業時間
11:00~16:00
定休日
不定休
アクセス
JR常磐線内郷駅から車で約10分
常磐自動車道いわき中央ICから約5分
駐車場
有り(無料、大型バス可)
料金
●ワイナリーツアーコース
 1,500円(40分)※平日のみ
●テイスティング&ショッピングツアーコース
 500円(20分)
会津:会津美里町

新鶴ワイナリー

にいつるわいなりー

2019年5月にオープンした会津美里町初のワイナリーです。自社農園でのワインブドウ栽培から醸造までを行うドメーヌ形式で、ワイン販売の他、会津産食材を使用したレストランを併設しています。試飲や見学も可能で、季節のイベントも予定しています。会津盆地のテロワールを意識した日本ワインをお楽しみください。

サイト

新鶴ワイナリーホームページ
https://www.aizucoshell.com/

MAP情報を見る
住所
会津美里町鶴野辺下長尾2398(ふれあいの森公園内)
電話番号
0242-23-9899
問い合わせ先
新鶴ワイナリー
営業時間
ワイナリー10:00~16:00
ランチ11:00~15:00
4名以上の事前予約でディナー対応も可
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス
JR只見線根岸駅から徒歩で約30分
磐越自動車道新鶴スマートICから約10分
駐車場
あり(ふれあいの森公園駐車場利用)
料金
ランチ1,300円(税抜)~
県北:桑折町

献上桃の郷 桑折町の桃

けんじょうもものさと こおりまちのもも

福島県桑折町は、誰もが認める高品質な桃の生産地です。町内にある広大な桃畑では、農家の方々が長年培ってきた技術を駆使して品質の高い様々な桃が栽培されています。中でも主力品種である「あかつき」は、糖度が高く芳醇な香りで果肉が厚いのが特徴です。平成28年には「献上桃の郷」の商標登録が認められ、桑折町産桃のブランド化がより一層推進されています。
また、桑折町にあるJAふくしま未来と伊達果実農協の2つの農協では、収穫された桃を光センサー選果機を通し、糖度、大きさ、着色を選別しています。糖度12度以上の桃は特秀として出荷されており、「献上桃の郷」桑折町のブランド力向上のため、一定の品質が守られています。

住所
桑折町大字谷地字道下22-7
電話番号
024-582-2126
メールアドレス
sangyoshinko@town.koori.fukushima.jp
問い合わせ先
桑折町産業振興課
営業時間
8:30~17:15
定休日
土・日・祝日
アクセス
( 最寄駅)JR東北本線桑折駅 ほか
県北:福島市

まるせい果樹園農家カフェ「森のガーデン」まるせいももパフェ

まるせいかじゅえんのうかかふぇもりのがーでんまるせいももぱふぇ

果樹園から収穫された新鮮なフルーツを、惜しげもなく使ったパフェ&スイーツが大人気。7月中旬からは、旬の桃を使った、絶品桃パフェを堪能することができます。

サイト

まるせい果樹園ホームページ
https://www.maruseifukushima.com/

MAP情報を見る
住所
福島市飯坂町平野森前27-3
電話番号
024-541-4465
問い合わせ先
まるせい果樹園
営業時間
10:00~16:00
(土日祝17:00まで)
定休日
シーズン中無休(冬季期間休業)
※コロナウイルス感染状況に応じて休みや営業時間が変更になる場合があります。
アクセス
JR東北新幹線福島駅から車で約30分
駐車場
あり
県北:桑折町

桃ふく

ももふく

町特産の桃の果肉を白あんと生クリームで丁寧に包みました。桃の食感ともっちりとした桃の新しいスイーツです。

MAP情報を見る
住所
桑折町字本町3
電話番号
024-582-3165
問い合わせ先
手作り菓子工房 大野屋
営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日
アクセス
JR東北本線桑折駅から車で約5分
東北中央自動車道伊達桑折ICから約10分
駐車場
あり(5台)
県北:桑折町

至福の桃ソルベ

しふくのももそるべ

桑折町産の桃「あかつき」のみを使用し、果汁率は75%の高果汁。香料無添加で果実本来の香りと甘さを楽しめます。桃をそのまま食べているような上品なスイーツです。少し溶かしてから食べると、とろりとしたなめらかな舌触りが楽しめるのでオススメです。

サイト

桑折町振興公社ホームページ
https://www.koori-shinkokosya.jp/

住所
桑折町大字下郡字下郡前5-2
電話番号
024-572-3216
メールアドレス
mail@koori-shinkokosya.com
問い合わせ先
一般財団法人桑折町振興公社
営業時間
8:30~17:15
定休日
土・日曜日
アクセス
JR東北本線桑折駅から車で約10分
東北中央自動車道伊達桑折ICから約10分
駐車場
あり(14台)
料金
300円
会津:会津坂下町

馬刺し・どてちん丼

ばさし・どてちんどん

旧越後街道の交通の要衝として栄えた会津坂下町では、多くの馬が人々の生活に密接にかかわっており、馬のせり場があったことから「馬肉(さくら肉)」を食べるようになったと言われています。どてちん丼は新鮮な「馬肉」の中落ちをたたいてごはんに乗せたハーフ丼で、口の中でとろける食感がたまりません。

住所
会津坂下町
電話番号
0242-83-5711
問い合わせ先
会津坂下町商工観光班
営業時間
8:30~17:15
定休日
土・日・祝日
アクセス
(最寄駅)JR只見線会津坂下駅ほか
福島県

福島牛

ふくしまぎゅう

豊かな自然環境の中、生産農家が手塩にかけて育てる福島牛は、良質な霜降りと柔らかな肉質が特徴。その味わい深さは「牛肉の傑作」と呼ばれるほどの逸品です。

サイト

ふくしまプライド。ホームページ
https://fukushima-pride.com/products/beef.php

県北:川俣町

川俣シャモ

かわまたしゃも

深みのあるコクと弾力ある肉質が特徴の福島県川俣町のブランド地鶏・川俣シャモ。生産農家が大切に育てた川俣シャモをよりおいしく、安全にみなさまへ提供するため、肉用鶏では国内初となるJGAP団体認証(農業生産工程管理の国内認証)を取得しました。川俣シャモの親子丼をはじめ、多彩なメニューを召しあがりください。

サイト

川俣シャモ専門店 地鶏屋本舗ホームページ
https://www.kawamata-shamo.com/

住所
川俣町小綱木字泡吹地8
電話番号
024-566-5860
メールアドレス
info@kawamata-shamo.com
問い合わせ先
株式会社川俣町農業振興公社
営業時間
8:30~17:15
定休日
土・日・祝日、年末年始
アクセス
JR東北新幹線福島駅から車で約30分
東北自動車道福島西ICから約40分、東北自動車道松川スマートICから約30分
駐車場
約50台
県北:福島市

ふくしま円盤餃子

ふくしまえんばんぎょうざ

円盤状に並べて焼いた野菜たっぷりの餃子は、ボリューム満点なのに軽い食感で、ついつい箸が進むこと間違いなし!市内には40~50年の歴史を持つ餃子店も多く、行列ができるお店も。ヘルシーでジューシーな円盤餃子は、ビールとの相性も抜群です!お店によって具材が異なるため、食べ歩きがおすすめ。

住所
福島市
電話番号
024-531-6428
問い合わせ先
福島市観光案内所
アクセス
(最寄駅)JR東北新幹線福島駅ほか
相双:相馬市

松川浦の浜焼き体験

まつかわうらのはまやきたいけん

東日本大震災前の相馬市松川浦では、店先に並ぶ海産物の浜焼きが観光客に人気でした。浜焼きとは、魚介を中心としたさまざまな食材を網に乗せたり串打ちをして、炭火で焼いて食べる海鮮BBQのこと。そんな「松川浦の浜焼き」が体験できるコンテンツとして復活。炭火起こしから串刺しまで、自分で丁寧に焼き上げた魚は絶品です。

住所
相馬市尾浜船越92-1
電話番号
0244-35-3300
メールアドレス
kanko@bb.soma.or.jp
問い合わせ先
相馬市観光協会
営業時間
9:00~17:00
定休日
年末年始
アクセス
JR常磐線相馬駅から車で約15分
常磐自動車道相馬IC及び東北中央自動車道相馬ICから約20分
駐車場
料金
2,500円
相双:相馬市

ホッキ貝むき体験

ほっきがいむきたいけん

松川浦旅館の若旦那直々のレクチャーのもと、名産のホッキ貝をさばいて調理する体験プログラム。自分でさばいて食べるホッキ貝の味は格別。

住所
相馬市尾浜船越92-1
電話番号
0244-35-3300
メールアドレス
kanko@bb.soma.or.jp
問い合わせ先
相馬市観光協会
営業時間
9:00~17:00
定休日
年末年始
アクセス
JR常磐線相馬駅から車で約15分
常磐自動車道相馬IC及び東北中央道相馬ICから約20分
駐車場
料金
1,000円
会津:喜多方市

喜多方ラーメン

きたかたらーめん

喜多方ラーメンの歴史は大正末期から昭和初期にさかのぼります。
当時、市内にはラーメン店というものはありませんでしたが、中国から渡ってきた一青年がチャルメラを吹き屋台を引いてラーメン(支那そば)を売り歩いていました。その手作り支那そばこそが70余年の歴史を持つ喜多方ラーメンの元祖と言われています。
喜多方ラーメンは基本的には醤油味ベースと思われおりますが、各店舗によって味もスープも千差万別です。 麺も太さ、縮れ、コシも異なります。
「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれる一般的な麺より水分を多く含んだ麺が大きな特徴です。
最近ではさらにバリエーションも豊富になってきており塩味や背脂入りラーメンも人気です。
人口5万人程度のまちに約100店舗ものラーメン提供店があり、朝からラーメンを食べる「朝ラー」という文化もあるまさにラーメンのまちです。
喜多方市民のソウルフード「喜多方ラーメン」を是非ご賞味ください。

住所
喜多方市
電話番号
0241-24-5200
メールアドレス
info@kitakata-kanko.jp
問い合わせ先
一般社団法人喜多方観光物産協会
アクセス
(最寄駅)JR磐越西線喜多方駅ほか
磐越自動車道会津若松ICから約20分
県中:須賀川市

須賀川かっぱ麺

すかがわかっぱめん

須賀川市は夏秋露地栽培の「きゅうり」が収穫量・出荷量ともに全国でもトップクラスです。その「きゅうり」を使用した名物料理が「須賀川かっぱ麺」です。きゅうりのしぼり汁のみを練りこんだ鮮やかな薄緑色が特徴的な麺に、新鮮なきゅうりや地元で採れた野菜など様々な具材を盛り付け、各店独自のだし汁に特製の肉みそを溶かしながら食べる夏にぴったりのさわやかな麺料理です。

住所
須賀川市
電話番号
0248-76-2124
問い合わせ先
須賀川かっぱ麺の会(須賀川商工会議所内)
営業時間
各店舗により異なる
定休日
各店舗により異なる
アクセス
(最寄駅)JR東北本線須賀川駅ほか
相双:浪江町

なみえ焼そば

なみえやきそば

一度食べたら病みつきのオリジナル特製ソースが決め手です。
町内では、「道の駅なみえ」や「手料理 山里」で食べることができます。

MAP情報を見る
住所
浪江町大字幾世橋字知命寺60
電話番号
0240-34-2135
問い合わせ先
浪江町産業振興課
アクセス
JR常磐線浪江駅から徒歩で約15分
県南:白河市

白河ラーメン

しらかわらーめん

鶏ガラをベースとした醤油味スープに手打ち縮れ麺が特長で、味わい深い半面あっさりしていることから、毎日食べても飽きない味です。またワンタンメンを多くの店がメニューに加えています。

サイト

白河観光物産協会ホームページ
http://shirakawa315.com/

電話番号
0248-22-1147
問い合わせ先
白河観光物産協会
営業時間
店舗により異なる
定休日
店舗により異なる
アクセス
(最寄駅)JR東北本線白河駅ほか
いわき:いわき市

いわきチョコレート

いわきちょこれーと

いわきチョコレートの人気商品「めひかり塩チョコ」は、チョコの中のクリーミーな手作りキャラメル、そして表面の大粒海塩が贅沢な味わいを深める大人のスイーツです。いわきチョコレート本店に加え、「いわきチョコレートいわき駅店」もオープン!豪華寝台列車「トランスイート四季島」デザインの限定商品「めひかり塩チョコグランクリュ」や、太平桜酒造の純米酒をミルクチョコに閉じ込めた「ふくしま銘醸ショコラいわきまろん」なども取り扱っております。いわきへお越しの際はぜひご来店ください♪

MAP情報を見る
住所
JR常磐線いわき駅
電話番号
0246-53-5265
問い合わせ先
いわきチョコレート
営業時間
10:00~19:00
アクセス
JR常磐線いわき駅改札出てすぐ
常磐自動車道いわき中央ICから車で約15分
相双:相馬市

和田観光いちご園のいちご狩り

わだかんこういちごえんのいちごがり

暖かいハウスで育てられた甘くて大きないちごが30分間食べ放題です。また、朝摘みの新鮮ないちごも販売しており、お土産にもおすすめです。事前予約でバーベキューもできるのでいちご狩りとセットでお楽しみください。

サイト

和田観光苺組合ホームページ
http://blog.wadakanko-ichigo.jp/

MAP情報を見る
住所
相馬市和田字下柴迫94
電話番号
0244-36-5535
問い合わせ先
和田観光苺組合
定休日
シーズン中無休
アクセス
JR常磐線相馬駅から車で約10分
常磐自動車道相馬ICから約15分、常磐自動車道新地ICから約15分
駐車場
あり(自家用車50台 大型3台)