その他

車で巡ろう!ふくしまの道の駅

ドライブ旅行の楽しみのひとつが道の駅。
新鮮な地域の物産やご当地グルメを手軽に味わえる”旅のオアシス”が県内に揃っています。

相双:浪江町

道の駅なみえ

みちのえきなみえ

本館のフードコートでは、魚介たっぷりの海鮮丼やご当地グルメ「なみえ焼そば」を堪能できるほか、道の駅への出店は全国初となる「無印良品」、新鮮野菜や海産物、加工品や手芸品など、多彩な商品を取り揃えています。
また、「なみえの技・なりわい館」では、「磐城壽」の製造過程の見学や、日本酒をワンコインで飲み比べできるほか、大堀相馬焼の陶芸体験なども楽しめます。
このほか、観光客のみなさんを迎え入れる玄関口として、町の魅力を伝える情報発信機能を備えています。
町民同士をつなぐ交流施設、町民の日常生活を支える商業施設です。

サイト

道の駅なみえホームページ
https://michinoeki-namie.jp/

MAP情報を見る
住所
浪江町大字幾世橋字知命寺60
電話番号
0240-23-7121
問い合わせ先
道の駅なみえ
営業時間
10:00~18:00
※大堀相馬焼のみ10:00~17:00
※フードコートは店舗によって営業時間が異なります。詳しくは公式サイトをご覧ください。
定休日
毎月最終水曜
※大堀相馬焼のみ毎週水曜
アクセス
JR常磐線浪江駅から徒歩で約15分
常磐自動車道浪江ICから約10分
駐車場
128台(普通車103台/大型車22台/障がい者・妊婦用3台)
会津:湯川村・会津坂下町

道の駅あいづ 湯川・会津坂下

みちのえきあいづ ゆがわ・あいづばんげ

会津盆地の中央にあるこの道の駅は、湯川村と会津坂下町の共同で整備された道の駅です。地元湯川村、会津坂下町の物産を中心に自然たっぷりの会津ならではの伝統食品や伝統工芸品、質の高い農作物を使った加工品、地元の方々の手作り工芸品など多種多様の品々が多数販売されているほか、レストランでは地元の旬の食材を使用した料理を楽しむことができます。また、年間を通して各種イベントが開催されるなど、見どころが満載です。

サイト

道の駅あいづ 湯川・坂下ホームページ
http://heso-aizu.jp/

MAP情報を見る
住所
湯川村大字野目字五丁ノ目78-1
電話番号
0241-27-8853
問い合わせ先
道の駅あいづ 湯川・会津坂下
営業時間
9:00~19:00
※各施設ともに季節によって変動あるため、お問い合わせください。
定休日
2月第3水曜日
アクセス
JR只見線会津坂下駅からバスで約15分
磐越自動車道会津坂下・会津若松ICから約15分、磐越自動車道新鶴スマートICから約12分
駐車場
あり(自家用車約100台、大型車約10台)
会津:磐梯町

道の駅ばんだい

みちのえきばんだい

地元新鮮野菜や特産品、品ぞろえ豊富なお土産コーナーはもちろんのこと、歴史的つながりから経済交流をしている青森県むつ市コーナー、名前の響きから交流が始まったオモチャのバンダイコーナー、小・中型犬が利用できるドックランなど、様々な角度から楽しめる道の駅です。レストランや軽食コーナーでは、会津や磐梯町のご当地グルメも楽しむことができます。

MAP情報を見る
住所
磐梯町大字磐梯字十王堂38
電話番号
0242-74-1091
問い合わせ先
道の駅ばんだい
営業時間
8:30~18:00
アクセス
JR磐越西線磐梯町駅から徒歩で約20分
磐越自動車道磐梯河東ICから約5分
駐車場
93台(大型車9台、小型車82台、障害車2台)
県中:古殿町

道の駅ふるどの「おふくろの駅」

みちのえきふるどのおふくろのえき

国道349号線沿いにある道の駅。特産品のコンニャクや味噌、地酒や新鮮野菜などを取り揃えています。道の駅内には、「おふくろ食堂」もあり、絶品そばをだべることもできます。

サイト

道の駅ふるどの「おふくろの駅」ホームページ
http://ofukuro-eki.com/

MAP情報を見る
住所
古殿町大字田口字平舘25
電話番号
0247-53-4070
問い合わせ先
株式会社おふくろの駅
営業時間
9:00~18:00
定休日
年末年始のみ休業
アクセス
JR水郡線磐城石川駅から車で約20分
国道4号線より: 国道118号線を福島県須賀川市より水戸方面へ、石川町よりいわき方面へ約10km。
国道6号線より: いわき湯元温泉から「御斎所(ございしょ)街道」へ石川方面へ。
駐車場
あり

歩いて巡ろう!ふくしまの街あるき

どこか懐かしい風景の中、のんびりそぞろ歩きしてみるのも、旅の楽しみ。
都会の喧騒を忘れて、ゆったりと流れる時間を味わってみませんか。

会津:喜多方市

喜多方レトロ横丁

きたかたれとろよこちょう

永遠の昭和ノスタルジー、そして空前絶後の昭和浪漫をテーマとし、毎年7月中旬に喜多方市ふれあい通り商店街を会場に開催されています。
市民手作りの色鮮やかな七夕飾りが来場者をでむかえ、各テーマ別ミュージアムやレトロモーターショー、昔懐かしい遊びや縁日、お化け屋敷や屋台など“昭和”を体感できるメニューが盛りだくさんです。
昭和を知る世代はもちろん、当時を知らない世代でも楽しめるイベントとなっています。

サイト

会津喜多方商工会議所ホームページ
http://www.aizukitakatacci.or.jp/special/retoro

MAP情報を見る
住所
喜多方市ふれあい通り
電話番号
0241-24-3131
メールアドレス
info@aizukitakatacci.or.jp
問い合わせ先
会津喜多方商工会議所
営業時間
例年7月中旬の土・日
アクセス
JR磐越西線喜多方駅から徒歩で約10分
県中:須賀川市

Rojima

ろじま

須賀川の古くからの商店街の中で、新たなヒトとモノの交流が生まれることを願って始まったイベント。路地やその周辺の空き家などを使い、手作りのアクセサリーや雑貨が販売されています。
作り手の顔が見えるのもマーケットならでは。飲食店などの出店も多く、県内でも有名なお店なども出店。デートでも家族連れでも楽しめる人気のイベントです。
■開催日程
毎月第2日曜日(1月・8月を除く)
※夜開催の場合は第2日曜日前日の土曜日
■開催時間
10:00~15:00
※夜開催の場合は時間が変更になります。

サイト

Rojimaホームページ
https://rojima.jimdofree.com/

住所
須賀川市内
メールアドレス
rojima.info@gmail.com
問い合わせ先
一般社団法人ロヂカラ
アクセス
JR東北本線須賀川駅から車で約10分
駐車場
あり
いわき:いわき市

復興飲食街 夜明け市場

ふっこういんしょくてんがい よあけいちば

夜明け市場は昭和の香り漂う白銀小路にあり、たくさんの個性的な飲食店が集まっています。いわきの新鮮な魚を堪能できる「和楽 魚菜亭」や、フルーツビールやトマト餃子などここでしか食べられない逸品を楽しめる「ゴホウビ」など数々の名店が軒を連ねます。
東日本大震災に被災したお店が集まっていわきを元気付けるために作られた市場であり、もともと地元からの人気が高かったお店ばかりが並んでいるためどのお店に入っても美味しい料理が食べられると大評判です。

サイト

復興飲食街 夜明け市場ホームページ
http://www.touhoku-yoake.jp/

MAP情報を見る
住所
いわき市平字白銀町2-10
メールアドレス
info@touhoku-yoake.jp
問い合わせ先
復興飲食店街 夜明け市場
営業時間
各店舗営業時間による
定休日
各店舗による
アクセス
JR常磐線いわき駅から徒歩で約3分
駐車場
なし(近隣駐車場をご利用ください)
会津:会津若松市

まち歩きスイーツ&カフェ

まちあるきすいーつあんどかふぇ

まち歩きスイーツ&カフェは、パンフレット掲載の協賛店で対象スイーツがワンコイン(500円)で楽しめる企画です。
対象店舗を2つ回ってスタンプを集めると、東山温泉・芦ノ牧温泉の日帰り温泉がワンコイン(500円)で楽しめます。
さらに、素敵な景品が当たるお楽しみ抽選会にも応募できます。

サイト

会津若松観光ナビホームページ
https://www.aizukanko.com/gourmet/492

住所
会津若松市
電話番号
0242-23-8000
問い合わせ先
一般財団法人会津若松観光ビューロー
アクセス
( 最寄駅)JR磐越西線会津若松駅ほか
県中:須賀川市

須賀川市民交流センターtette

すかがわしみんこうりゅうせんたーてって

図書館をはじめ、こどもセンター、市民活動サポートセンターなどがある複合施設。5階には須賀川市出身で「特撮の神様」と称される円谷英二監督の功績や魅力を発信する「円谷英二ミュージアム」があります。

サイト

須賀川市民交流センターtetteホームページ
https://s-tette.jp/

MAP情報を見る
住所
須賀川市中町4-1
電話番号
0248-73-4407
問い合わせ先
須賀川市民交流センターtette
営業時間
月~土 9:00~22:00
日曜・祝日 9:00~20:00
※わいわいパーク、円谷英二ミュージアムは17:00まで。
定休日
第3火曜日、年末年始(全館休館)
図書館、わいわいパーク、円谷英二ミュージアムは毎週火曜と年末年始
アクセス
JR東北本線須賀川駅から徒歩で約20分
須賀川中町バス停下車徒歩約2分
東北自動車道須賀川ICから約10分
駐車場
施設内駐車場
2時間まで無料(1時間300円)
県中:須賀川市

須賀川特撮アーカイブセンター

すかがわとくさつあーかいぶせんたー

須賀川市出身でウルトラマンの生みの親でもある円谷英二監督は、日本の特撮技術の礎を築き、「特撮の神様」とも称されています。その卓越した技術は現在に至るまで受け継がれ、多くのクリエイターによって素晴らしい作品が生み出されています。一方で、現在では特撮にまつわる資料や撮影に使われたミニチュアなどの貴重なものが、破棄されたり散逸したりと危機的な状況に置かれています。
須賀川特撮アーカイブセンターは失われつつある特撮資料の収集、保存、修復及び調査研究を行い、それらの活動を通じて特撮文化を顕彰、推進し、後世に伝えていく為の施設です。
センターでは、撮影で実際に使用したミニチュアなど一千点余りの資料が収蔵されており、その一部が見学できます。飛行シーンで使用するウルトラマンの人形やウルトラセブンのマスク、円谷監督最後の長編作品「日本海大海戦」の戦艦三笠なども見ることができ、当時の特撮技術を間近に感じられます。
多目的スペースには特撮の魅力が満載のミニチュアセットがあり、年齢を問わず特撮文化を体感できる新しい形の施設になっています。

MAP情報を見る
住所
須賀川市柱田字中地前22
電話番号
0248-94-5200
問い合わせ先
須賀川特撮アーカイブセンター
営業時間
9:00~17:00
定休日
火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
アクセス
JR東北本線須賀川駅から車で約20分
東北自動車道須賀川ICから約20分
駐車場
あり
料金
入館無料
いわき:いわき市

スパリゾートハワイアンズ

すぱりぞーとはわいあんず

いわき湯本温泉の豊富な湯量を活用した、6つのテーマパークからなる温泉レジャー施設。1年中28度に設定された館内では、常夏ムード満点のプールや世界最大級の大露天風呂「江戸情話与市」など一日中温泉を満喫できます。
また、フラガールとファイヤーナイフダンサーによるエンターテイメントショーは必見。
2015年夏に流れるプールがリニューアル、日本初となる魚達と一緒に泳げる感覚が味わえるアクアリウムプール「フィッシュゴーランド」が登場。
2017年7月には高低差、滑走距離ともに日本一のボディスライダーがオープンし、ハワイアンズでしか体験できないアイテムが増えています。

サイト

スパリゾートハワイアンズホームページ
https://www.hawaiians.co.jp

MAP情報を見る
住所
いわき市常磐藤原町蕨平50
電話番号
0570-550-550
メールアドレス
info@hawaiians.co.jp
問い合わせ先
スパリゾートハワイアンズ
営業時間
10:00~22:00
※曜日、季節により開館時間の変動有り
アクセス
JR常磐線湯本駅下車 無料シャトルバスで約15分
常磐自動車道いわき湯本ICから約3分
駐車場
4000台(1日1,000円・2時間無料)
料金
大人:3,570円
小人:2,250円
幼児:1,640円
いわき:いわき市

オリジナルアニメ映画「フラ・フラダンス」

おりじなるあにめえいが「ふら・ふらだんす」

フラガールを仕事に選んだ主人公・夏凪日羽と同期の仲間たちの成長を描く青春群像劇。映画の公開と合わせ、コラボ商品も発売予定です。

サイト

オリジナルアニメ映画「フラ・フラダンス」ホームページ
https://hula-fulladance.com/

県北:福島市

水林自然林

みずばやししぜんりん

【連続テレビ小説「エール」で話題!】
水林自然林は、福島市西部の荒井地区、一級河川荒川の中流右岸に位置しており、連続テレビ小説「エール」オープニングのロケ地となった、今大人気のスポットです!
標高は約250mと比較的高地の扇状地の中にあり、38.8haの面積があります。明治時代より、地元の人々が度重なる荒川の氾濫から財産を守るために、堤防を築いたり植林や育樹を繰り返した森林で、林内には樹齢100年を越えるアカマツ・イヌシデ・ハリギリをはじめ、多くの植物や野鳥など豊富な自然がいっぱいです。
春には小川のほとりにカタクリの花が咲き、夏はクワガタ、秋は紅葉、そして冬にはニホンリスに出会えます。
水林自然林は、保健保安林に指定され保全されているとともに、森林浴や山野草・野鳥観察、いも煮会、キャンプなどに利用されています。
林内は遊歩道が整備され、四季折々に変化する素晴らしい自然の美を満喫することができます。

MAP情報を見る
住所
福島市荒井字地蔵原乙1-5
電話番号
024-593-2954
問い合わせ先
水林自然林管理事務所
営業時間
8:30~17:00
定休日
年末年始(12/29~翌1/3)
アクセス
東北自動車道福島西ICから国道115号線を土湯方面へ約10分
バス:JR福島駅東口から土湯温泉行き約30分、自治研修センター下車徒歩約5分
駐車場
約250台
料金
無料